« IE9のインストール | トップページ

2011年6月26日 (日)

今夏の節電

テレビで街灯を消したり、ネオンを消したりして、
節電してる場面を見るが、
夜間の節電は必要なのか?

節電自体は必要だと思うが、
節電を意識しすぎるために、
街灯を消すことで、交通事故や犯罪が起きたり、
熱帯夜なのに、我慢して熱中症になったり、
行き過ぎる節電は、危険な気がする。

電気代を減らしたいとか、環境のためとかで節電しているのならわかるが、
電力不足のための節電では、夏場の電力使用量のピークは日中にあるのだから、
余裕のある夜間はあまり意味がない気がする。

もちろん余裕がなければ節電する意味はあるが、夜間に余裕がないということは、
日中はすでに危機的状況になっているだろう。

テレビや周りで「節電、節電」といわれるから、過度な節電意識が生まれるのであって、
電力会社の発表する予想使用量を見ながら、

「この時間なら少しは、使っていいかなー」

とか

「この時間は使用量が多いから、なるべく電気の使用をひかえよう」

などと、時間ごとに節電を意識すればいいように思う。

ないとは思うが、
節電しすぎで、電力会社の売り上げが落ち、
電気代の値上げ何て事は考えすぎだろうか?

|

« IE9のインストール | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今夏の節電:

» 熱中症の対策 熱中症の予防と症状 [熱中症の対策 熱中症の予防と症状]
熱中症について解説されたサイトです。 [続きを読む]

受信: 2011年6月26日 (日) 16時22分

« IE9のインストール | トップページ